事故解決を早めるには

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼すると、早く解決します。とかく示談交渉には、個人で交渉してしまうと、相手の保険会社からの提示額などでなかなか交渉が進んでいかないものです。どれくらいの期間がかかるかの目安を知りたい場合や、早く解決した場合は弁護士に相談しましょう。

弁護士が交通事故の示談交渉を行うときは、知識や経験の豊富さもありますし相手の保険会社の対応スピードよりも、確実に弁護士側の方が知識などを含めて有利な事が多くあります。弁護士による示談交渉で、早期解決を望めますがその期間の目安を知りたい場合、依頼する弁護士に直接相談してみましょう。弁護士も実際に交渉をやってみないことには解決までの期間を言えない場合もありますので、そこは了承しましょう。

過失割合に争いがあるときや、物損事故において、当事者の間で過失割合が争いになります。その理由は、事故状況に関する証拠が少ない場合もあり双方の言いぶんも食い違っている事が多いからです。このため示談交渉は長期化しやすいのです。事故解決の目安としては、弁護士へ依頼しておよそ3か月経過してもまとまらない場合には、裁判に移したほうが事故に対して早期に解決できることもあります。

弁護士が行うこと

交通事故では、さまざまな事故後の手続きがありますし事故の内容によって賠償金なども金額も違いが大きく出てきます。ここで示談などをされても双方が納得していれば問題はありませんが、加害者側は事故後に必ず事故に対して知識のある保険会社の人間を向かわせます。

その時の話し合いによっては加害者側に有利になる話の流れになってしまいますので、そのような場合もありますので、事故を起こしてしまったら弁護士に相談する方が適切な賠償金が支払われますし、事故の解決も早まります。事故後に後遺障害の等級認定が決まると、そこから示談交渉が始まります。 保険会社が提示してくるのは、必ず任意保険基準での示談金です。

しかし、被害者側からすると納得できる金額ではないのが一般的です。しかし自分で示談交渉を進めることも出来ますし、保険会社の提示する内容通りに進めれば時間をかけることをしなくてすみます。しかし弁護士に相談すると慰謝料が2倍~3倍に増額される可能性があることを知っていれば、やはり弁護士を通して話し合いを行った方が利口です。

例えば死亡事故の裁判所基準の慰謝料額は2800万円が目安ですが、 死亡事故の場合は本人が請求を行うことができません。変わって遺族が慰謝料請求を行います。そこで保険会社の提示額が、遺族の納得のいく慰謝料額でない場合、弁護士に相談しましょう。

事故解決に関して

まず、交通事故においての症状固定以降の治療費は請求できなくなるので把握しておきましょう。この症状固定は、治療を続けても今以上の回復が見込めない場合、そして症状が安定した状態をいいます。

現状からそれ以上の治療に関して、意味がないと判断された時、治療費が請求できるのは、症状固定までになります。この時、保険会社が症状固定になったと伝えてきても安易に応じてはいけません。加害者側の保険会社は、自社で支払う支払い金額を少しでも減らしたいと考えていますので、症状固定していると認めさせようとします。まだこれから先回復の余地があることでも了承してはいけません。

症状固定には、そこの医者と相談して決めるようにします。事故で起こしてしまう認定には、2種類あります。事前認定と被害者請求です。 事前認定は、保険会社が手続きを行って認定を受ける方法です。保険会社が手続きを行ってくれますので、手間はほとんどありませんが、同じように後遺症が残ってしまって、被害者請求に比べて、等級認定が低い場合が多いです。

被害者請求は、手続きを被害者側で行う必要があるので手間がかかります。弁護士を通して行うことで、納得のいく等級認定を受けられることが高くなるので、被害者請求で等級認定の手続きを行うことはおすすめです。

交通事故解決には弁護士を!

交通事故を起こしてしまった場合は、すぐに警察へ人身事故として届出を出すことです。もちろん、怖いからと言って逃げてしまうことは絶対してはいけません。警察に報告することで、警察による実況見分が行われます。このとき、安易な考えにより事故現場で、直接示談交渉をしたり物損事故として届出を出すのは確実にトラブルにつながりますので行わないようにしましょう。

被害者になった場合は、自覚症状がなくても必ず病院に行くようにします。事故直後は、とかく事故の衝撃や状況などをみて興奮してしまうもので、その時点では痛みに気づかない場合や脳内出血やむち打ちのように自覚症状がすぐ出ないものもあります。
症状がないからと言ってほっておかずに、特に頭を打った可能性がある場合は、注意が必要です。自覚症状がなくても病院に行くということを必ず行うことで、万が一後で症状が出てくることを回避することができます。

また、交通事故の治療では必ず健康保険を使うようにしましょう。交通事故に遭った場合、初診から健康保険を使うようにします。病院によっては、健康保険を使うことで嫌な顔をする病院も実際にはありますが、基本は利用するようにすると言うことが大事になります。また交通事故に関しては、弁護士に相談する方が、交渉やさまざまな物事に関して適切な賠償金が支払われることになります。自身で示談交渉を進めることも可能ですが、保険会社に教えられたとおりに進めることによって、短時間で済ませられます。