事故解決を早めるには

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼すると、早く解決します。とかく示談交渉には、個人で交渉してしまうと、相手の保険会社からの提示額などでなかなか交渉が進んでいかないものです。どれくらいの期間がかかるかの目安を知りたい場合や、早く解決した場合は弁護士に相談しましょう。

弁護士が交通事故の示談交渉を行うときは、知識や経験の豊富さもありますし相手の保険会社の対応スピードよりも、確実に弁護士側の方が知識などを含めて有利な事が多くあります。弁護士による示談交渉で、早期解決を望めますがその期間の目安を知りたい場合、依頼する弁護士に直接相談してみましょう。弁護士も実際に交渉をやってみないことには解決までの期間を言えない場合もありますので、そこは了承しましょう。

過失割合に争いがあるときや、物損事故において、当事者の間で過失割合が争いになります。その理由は、事故状況に関する証拠が少ない場合もあり双方の言いぶんも食い違っている事が多いからです。このため示談交渉は長期化しやすいのです。事故解決の目安としては、弁護士へ依頼しておよそ3か月経過してもまとまらない場合には、裁判に移したほうが事故に対して早期に解決できることもあります。