交通事故解決には弁護士を!

交通事故を起こしてしまった場合は、すぐに警察へ人身事故として届出を出すことです。もちろん、怖いからと言って逃げてしまうことは絶対してはいけません。警察に報告することで、警察による実況見分が行われます。このとき、安易な考えにより事故現場で、直接示談交渉をしたり物損事故として届出を出すのは確実にトラブルにつながりますので行わないようにしましょう。

被害者になった場合は、自覚症状がなくても必ず病院に行くようにします。事故直後は、とかく事故の衝撃や状況などをみて興奮してしまうもので、その時点では痛みに気づかない場合や脳内出血やむち打ちのように自覚症状がすぐ出ないものもあります。
症状がないからと言ってほっておかずに、特に頭を打った可能性がある場合は、注意が必要です。自覚症状がなくても病院に行くということを必ず行うことで、万が一後で症状が出てくることを回避することができます。

また、交通事故の治療では必ず健康保険を使うようにしましょう。交通事故に遭った場合、初診から健康保険を使うようにします。病院によっては、健康保険を使うことで嫌な顔をする病院も実際にはありますが、基本は利用するようにすると言うことが大事になります。また交通事故に関しては、弁護士に相談する方が、交渉やさまざまな物事に関して適切な賠償金が支払われることになります。自身で示談交渉を進めることも可能ですが、保険会社に教えられたとおりに進めることによって、短時間で済ませられます。