事故解決に関して

まず、交通事故においての症状固定以降の治療費は請求できなくなるので把握しておきましょう。この症状固定は、治療を続けても今以上の回復が見込めない場合、そして症状が安定した状態をいいます。

現状からそれ以上の治療に関して、意味がないと判断された時、治療費が請求できるのは、症状固定までになります。この時、保険会社が症状固定になったと伝えてきても安易に応じてはいけません。加害者側の保険会社は、自社で支払う支払い金額を少しでも減らしたいと考えていますので、症状固定していると認めさせようとします。まだこれから先回復の余地があることでも了承してはいけません。

症状固定には、そこの医者と相談して決めるようにします。事故で起こしてしまう認定には、2種類あります。事前認定と被害者請求です。 事前認定は、保険会社が手続きを行って認定を受ける方法です。保険会社が手続きを行ってくれますので、手間はほとんどありませんが、同じように後遺症が残ってしまって、被害者請求に比べて、等級認定が低い場合が多いです。

被害者請求は、手続きを被害者側で行う必要があるので手間がかかります。弁護士を通して行うことで、納得のいく等級認定を受けられることが高くなるので、被害者請求で等級認定の手続きを行うことはおすすめです。