弁護士が行うこと

交通事故では、さまざまな事故後の手続きがありますし事故の内容によって賠償金なども金額も違いが大きく出てきます。ここで示談などをされても双方が納得していれば問題はありませんが、加害者側は事故後に必ず事故に対して知識のある保険会社の人間を向かわせます。

その時の話し合いによっては加害者側に有利になる話の流れになってしまいますので、そのような場合もありますので、事故を起こしてしまったら弁護士に相談する方が適切な賠償金が支払われますし、事故の解決も早まります。事故後に後遺障害の等級認定が決まると、そこから示談交渉が始まります。 保険会社が提示してくるのは、必ず任意保険基準での示談金です。

しかし、被害者側からすると納得できる金額ではないのが一般的です。しかし自分で示談交渉を進めることも出来ますし、保険会社の提示する内容通りに進めれば時間をかけることをしなくてすみます。しかし弁護士に相談すると慰謝料が2倍~3倍に増額される可能性があることを知っていれば、やはり弁護士を通して話し合いを行った方が利口です。

例えば死亡事故の裁判所基準の慰謝料額は2800万円が目安ですが、 死亡事故の場合は本人が請求を行うことができません。変わって遺族が慰謝料請求を行います。そこで保険会社の提示額が、遺族の納得のいく慰謝料額でない場合、弁護士に相談しましょう。